車の維持費節約

レンタカー・カーシェアを上手に使い分けましょう
レンタカー、カーシェアリングともによく利用しています。最近はいずれも低料金で気軽に借りられる様になっていますが、その特性をよく理解した上で利用しないと、思わぬ損をしてしまいます。 基本的にレンタカーは12時間、24時間などの比較的長い時間設定で借りることが多く、ガソリン代は返却時に実費で満タンにする必要があります。保険料も多くの場合はレンタル料に含まれていますが、免責なしの場合は追加料金を支払う場合が多いようです。最近はガソリンスタンド等で比較的古い車を安価に貸してくれるサービスもあるので要チェックです。 一方、カーシェアリングは一般的に10分、15分という短い単位で借りることができ、多くの場合利用料金にはガソリン代も含まれています。会員登録が必須で、月額会費もかかりますが、月額会費も無料利用分として使うことができる場合が多いようです。買い物などの短時間の利用に向き、長距離の場合はレンタカーの方より割高なことが多いですが、「○時間パック」などをうまく活用することで、経済的に利用することができます。

カーシェアおすすめランキング

新古車をネットで探す

ネットで中古車を探す
まず、カーナビというものを私は使わないにもかかわらず、それがオプションとして付けられていたのです。ドライブというものは事前に道を調べた上で、その情報を頭に叩き込んでから行うべきであるというのが私の持論です。したがって、カーナビがオプションとして付いていることに対して認めたくない思いが込み上げてきたのです。また、ETC車載器も同様でした。私は高速道路を走行することはありますが、いつも現金払いに徹しているので、なぜならば、高速道路という一般的に人と人との交流からは無縁の地で誰かとつながるきっかけを作ってくれるのが料金所であり、そこで手渡しで高速道路の利用料金を支払うことを私は好むからです。その他にもオーディオ機器などが付けられていましたが、そもそも私はドライブの最中に聴覚を過度に刺激することを好みません。私は、無理を承知でオプションの全てを外してもらうように要求してみました。すると、ディーラーの担当者は二つ返事で応じてくれたのです。そのおかげで、安くネットで中古車が手に入りました。

キャンシング体験

アコムのカードローン利用体験談

友人や親戚の結婚式に立て続けに出席することとなり、そのご祝儀を用意するためにアコムのカードローンを利用してお金を借りました。
アコムのカードローンを選んだ理由は、申込手続きが簡単にできる上に審査のスピードが早く、場合によっては申し込みをしたその日のうちに借り入れができるという口コミ評判をネットで目にしたことがきっかけです。
また初めての利用であれば契約から30日間は無利息でお金が借りられるというキャンペーンも魅力的でした。

私はスマートフォンを利用してカードローンおすすめに申し込みを行いました。
専用フォームに必要事項を入力し、利用限度額が50万円に設定しました。限度額が少なかったことと他社に借り入れがなかったことから収入証明書の提出は不要とのことで、運転免許証をスキャンし、スマホのアプリからアップロードすることで簡単に申込手続きを完了させることができました。
私は平日の深夜に申し込みをしたのですが、翌日の午前中には契約手続きを完了させることができました。

 

車の保険

保険会社も、その代理店も近くに有りません。事故にあったらどうするんだろうと、不安が有った事は事実です。あるとき事故にあって、電話で事故の連絡をすると、親切で相手方への連絡や事故処理が早くてビックリしました。事故処理の進む度合によって連絡をくれ、その時点での不安な事や判らない事はないかと、毎回聞いてくれて安心する事が出来ました。正直、自動車会社の営業の頃、お客さんが事故にあった時よりはるかに親切で、お客さんの立場に立った事故処理ができているように思いました。勿論、保険料も安くかなりお得に加入できるのも魅力に思います。人にもインターネット加入の自動車保険ランキングを勧める事ができるなと思っています。またトラブルが起こっても困るので保険に入ることにしました。
保険には様々な種類があります。自動車保険の他にも生命保険や火災保険、老後に受ける介護保険等々…。上手に活用すれば長い人生において非常に役に立つものばかりですが、保険の内容を本当に理解している人は少ないと思います。

 

車検でわかったこと

今日の出来事なのですが、私は運送業をやっているのですが、運送用の車といいますと一番消耗が
早いのがタイヤなんです。普通にのっている車はめったにタイヤの交換はしないと思いますが
この運送ようの車のタイヤはタイヤの品質が良い悪いもあるとは思いますが、だいたい半年くらしか
もたないんですね。それで軽自動車なのですが、タイヤの新品といいますのは、安くても3500円くらいは
いたします。3500×4で14000円+工賃+タイヤ処理料+バランスと15000円でもおさまりません。
これがお金のない時と言いますのは、運送業者にとってはけっこうきついものがあるんですね。
安い車検には同じ車で5回だしています。車検には車を購入したディーラーに毎回出すようにしています。
理由は家から5分ほどのところにあるので近いところと、気心が知れていること、車検にだしてから一度家に歩いてかえれることがあります。
車検には5回ほどだしていますが、指摘される内容は大して変わりません。

車検おすすめ