車の下取りの基準となる項目がよくわからない

エンジンの調子が悪くなったので、新たに車を買おうと思っていたときのことです。私は多汗症の上に臍炎を患うことが多く、シートベルトには常に異臭を発する体液が付着していました。めでたく新規購入しようと思えるほどの車に出会うことができたので、私は愛車を下取りしてもらってマイカーを新調することを決めました。ところが、下取り中に驚くべきことを言われてしまったのです。結論から書くと、シートベルトから想像を絶するような異臭がするので、下取り額が大幅に下がってしまうということでした。車を高く売りたい私はとても困りました。
雨漏りという現象は往々にして建物と呼ばれる場所でのみ発生するとばかり思われがちなのですが、車でも同じようなことが起こるのです。その証拠に、かつての私のマイカーは雨水が車内に染みこんできていました。そんな車と別れを告げるために下取りしてもらって新車を購入しようと考えたのですが、本音では古く雨漏りがするような車には一銭も価値が付けられないだろうと考えていました。根拠は明確であり、下取りを担当したベテランのように見える担当者が、雨漏りが発生するような車に乗りたがる人は少ないと言っていたからです。